2015年06月14日

パークハビオ赤坂タワー

パークハビオ赤坂タワー

赤坂駅、溜池山王駅、赤坂見附駅全て徒歩圏内になります。
主要駅を自在に行き来できる好立地で、都心エリアならではの利便性を享受できます。エメラルドグリーンのガラス窓をはじめとするシンプルでシャープな外観から高級感溢れる雰囲気を醸し出すます。

コ ンシェルジュによるフロントサービス、まるで高級ホテルに来たかのう様なラウンジスペース、健康を考え隙間時間で運動ができるフィットネスジム、赤坂エリ アから都心の眺望楽しめるスカイラウンジがあります。高級タワーマンションならではの充実した共用設備になっております。またスカイラウンジは予約制に なっております。知人を呼びパーティーをしたりできます。
快適なを生活サポート致します。

間取りはワンルーム、1K、1LDK、2LDKが取り揃えられております。広さは21.96u〜57.56uを中心としてなっております。
シングルやディンクス向けのコンパクトで使いやすい機能的なお部屋になっております。ペットの飼育とSOHOの利用が相談可能です。様々なライフスタイルに対応しております。

赤坂の由来は、紀伊国坂と赤土が多い土壌に幾多の坂があることの二説ある。

この赤坂の地は古くは『茜坂』と呼ばれていた。その名のとおりアカネが群生していたとされている。

1567年に人継村(ひとつぎむら)が開拓される。

江戸時代に現在の元赤坂付近に町屋、武家屋敷が造られたのを皮切りに次第に市街化してゆく。

明 治時代に入り、1878年の郡区町村編制法により、この地区は東京15区のひとつ、赤坂区の一部となった(港区の前身。その範囲はおおむね港区の北-西 部。今日「赤坂」あるいは「青山」を町名に含む地区)。かつて、多くの大名屋敷や旗本屋敷が存在した高台の地域は官吏や軍人、ブルジョワ家庭から成る都心 部有数の邸宅街へと発展。それらの地域以外は庶民の住宅街、個人商店、高級料亭、旅館などが密生していった。

1966年には住居表示が実施され、赤坂一丁目から赤坂九丁目、元赤坂一丁目・元赤坂二丁目が成立し、1967年には赤坂葵町が虎ノ門二丁目となった。

昭 和30年代初頭から昭和55年頃までの赤坂は銀座と並ぶ高級な繁華街として栄華を極め、高級料亭、キャバレー、ナイトクラブ、ゴーゴークラブなどが多く集 まっていた。欧米諸国の企業および大使館の駐在員や同じく欧米諸国のスチュワーデスが常宿していた高級ホテルが至近だった事、そして当時の東京と周辺には 米軍住宅が多かった事、更に1ドル360-310円だった事もあいまって外堀通りを挟んだ永田町2丁目を含めレストランシアターのミカド、ナイトクラブの コパカバーナ、ニューラテンクォーター、中華料理の山王飯店、ロシア料理のマノス、ゴーゴークラブのムゲン、ビブロスなどには外人客が多かった。またアマ ンドやトップス&サクソンはTBSやレコード会社に出入りする芸能人、そしてファッションモデルなどの文化人などが多く街は華やかさを呈してい た。
posted by パッション at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。