2015年06月14日

パークハビオ赤坂タワー

パークハビオ赤坂タワー

赤坂駅、溜池山王駅、赤坂見附駅全て徒歩圏内になります。
主要駅を自在に行き来できる好立地で、都心エリアならではの利便性を享受できます。エメラルドグリーンのガラス窓をはじめとするシンプルでシャープな外観から高級感溢れる雰囲気を醸し出すます。

コ ンシェルジュによるフロントサービス、まるで高級ホテルに来たかのう様なラウンジスペース、健康を考え隙間時間で運動ができるフィットネスジム、赤坂エリ アから都心の眺望楽しめるスカイラウンジがあります。高級タワーマンションならではの充実した共用設備になっております。またスカイラウンジは予約制に なっております。知人を呼びパーティーをしたりできます。
快適なを生活サポート致します。

間取りはワンルーム、1K、1LDK、2LDKが取り揃えられております。広さは21.96u〜57.56uを中心としてなっております。
シングルやディンクス向けのコンパクトで使いやすい機能的なお部屋になっております。ペットの飼育とSOHOの利用が相談可能です。様々なライフスタイルに対応しております。

赤坂の由来は、紀伊国坂と赤土が多い土壌に幾多の坂があることの二説ある。

この赤坂の地は古くは『茜坂』と呼ばれていた。その名のとおりアカネが群生していたとされている。

1567年に人継村(ひとつぎむら)が開拓される。

江戸時代に現在の元赤坂付近に町屋、武家屋敷が造られたのを皮切りに次第に市街化してゆく。

明 治時代に入り、1878年の郡区町村編制法により、この地区は東京15区のひとつ、赤坂区の一部となった(港区の前身。その範囲はおおむね港区の北-西 部。今日「赤坂」あるいは「青山」を町名に含む地区)。かつて、多くの大名屋敷や旗本屋敷が存在した高台の地域は官吏や軍人、ブルジョワ家庭から成る都心 部有数の邸宅街へと発展。それらの地域以外は庶民の住宅街、個人商店、高級料亭、旅館などが密生していった。

1966年には住居表示が実施され、赤坂一丁目から赤坂九丁目、元赤坂一丁目・元赤坂二丁目が成立し、1967年には赤坂葵町が虎ノ門二丁目となった。

昭 和30年代初頭から昭和55年頃までの赤坂は銀座と並ぶ高級な繁華街として栄華を極め、高級料亭、キャバレー、ナイトクラブ、ゴーゴークラブなどが多く集 まっていた。欧米諸国の企業および大使館の駐在員や同じく欧米諸国のスチュワーデスが常宿していた高級ホテルが至近だった事、そして当時の東京と周辺には 米軍住宅が多かった事、更に1ドル360-310円だった事もあいまって外堀通りを挟んだ永田町2丁目を含めレストランシアターのミカド、ナイトクラブの コパカバーナ、ニューラテンクォーター、中華料理の山王飯店、ロシア料理のマノス、ゴーゴークラブのムゲン、ビブロスなどには外人客が多かった。またアマ ンドやトップス&サクソンはTBSやレコード会社に出入りする芸能人、そしてファッションモデルなどの文化人などが多く街は華やかさを呈してい た。
posted by パッション at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドレッセ武蔵小山プレヴィ

ドレッセ武蔵小山プレヴィ

東急目黒線武蔵小山駅より徒歩3分圏内の好立地にあるため、通勤通学に大変便利です。また、新築分譲マンションならではの充実した設備が整っておりますので快適な生活をサポート致します。

近隣の小山八幡神社にちなんで「小山」になった説]と、この近辺が小高い山であることに由来する「小山」が語源とする説がある。

開業当時は「小山駅」だったが、同名駅がすでに東北本線に設置されていた(ただし読みは「おやま」)ため、旧国名「武蔵」を冠して「武蔵小山駅」となった

島式ホーム2面4線を有する地下駅。目黒側に片渡り線が存在する。

目 黒線では2006年9月25日から急行運転を開始した。この時点では下りで終日、上りで朝夕ラッシュ時、それぞれの時間帯において当駅で緩急接続を実施し ていた。日中の上り列車については当駅での緩急接続はなく、目黒駅において急行の前を走る各駅停車目黒行に急行が追い付く形で接続を取っていた。

その後、2008年6月22日に目黒線が日吉まで延伸された際、急行の増発とともに日中の目黒折り返し各駅停車の設定は消滅したため、上下線とも終日緩急接続が実施されるようになった。

ホームドアは西小山駅と同様に地上駅時代から設置されている。

急行運転終了後に当駅まで回送される列車が存在し、土曜日・休日ダイヤでは深夜の目黒始発列車の一時留置のほか、早朝の列車に備えて夜間留置されるが、保線の都合上、留置される番線は一定していない。
posted by パッション at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワテラスタワーレジデンス

ワテラスタワーレジデンス

千代田区立淡路小学校跡地に完成した。

「古き良き伝統を受け継ぎ、新しいコミュニティが育まれる街へ。」をコンセプトに、オフィス、商業施設、住居などにより構成される。コミュニティの交流を重視しており、コミュニティ施設や学生マンションも設けられている。主に高層ビルです。

ニッポンの中心に生まれる千代田区最高層タワー
「輪を照らす」
「和+テラス(段丘)」
「水(WATER)と地球(TERRA)」

3つの意味が込められた千代田区数少ないタワーマンション。
千代田区淡路町、巨大再開発プロジェクト【ワテラスタワー】
水と緑をテーマにした、深い豊かな街づくりをテーマに明るく
伸びやかな空間を造りました。
安心の耐震性能(制震構造)
夏は隅田川の花火大会を臨める最高のロケーション

千代田線「新御茶ノ水駅」直結、外に出る事なく、ダイレクトに改札口へ迎えます。

またスーパーなどの商業施設もあり、近隣には淡路公園、周辺環境も充実しております。

1階にはエントランス、20階からオートロックを抜けますとコンシェルジュさんがあなたを迎え、寛げるクルージングロビー、からの景色は絶景です。

吹き抜けの21階にはキッズルーム、スタディルーム、フィットネスジムがございます。またゲストルームは「CITY VIEW」「ROTTEN]「PARTY]no
3タイプをご用意。様々お客様に対応しております。

22階から住居となります。
東京都千代田区の北部に位置し、神田地域に属する。主に商業地として利用される。町域北部は神田川に接し、これを境に外神田、東部は神田須田町、南部は靖国通りに接し、これを境に神田小川町、西部は神田駿河台に接します。
随所から日本古来の和の心、美しさ、粋を感じることのできる物件です。



posted by パッション at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

ブランズ九段北

ブランズ九段北

人気のエリア千代田区九段北に建つ高級賃貸マンション【ブランズ九段北】です。
都営新宿線市谷駅より徒歩3分圏内であるため、通勤通学に大変便利な立地です。新築分譲マンションならではの充実した設備が整っております。住まう人に快適な生活をサポート致します。

九段北(くだんきた)は、東京都千代田区の町名で、現行行政地名は九段北一丁目から九段北四丁目。住居表示実施済み区域である。

東 京都千代田区の北西部に位置し、町域の西は新宿区(市谷田町)との区境にあたる。麹町地域(旧麹町区)に属する。千代田区内では東部は西神田・神田神保 町、南部は靖国通りを境に九段南、北部は富士見・飯田橋にそれぞれ接する。南側の北の丸公園とは近接するが境界線は接していない。当地中央部の二丁目から 三丁目にかけて靖国神社の境内地が広がっている。他に高等学校などの学校や、高層建造物が集まっている。一般住宅も少数だが見られる。

い く つか路線があるので、アクセスはとても良い。幹線道路があるので、街もスッキリした印象。ランチも充実していて、インド料理、和食、中華、コンビニもたく さんあり、数軒あるホテルのパン屋めぐりがとても楽しい。天気の良い日は靖国神社やアイガーデンなどに行って外で食べるのもおすすめ。いかがわしい店は一 切ないので、治安は良い。最近キレイなオフィスビルが建ってきている。
posted by パッション at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グランドミレーニア タワー&スイート

グランドミレーニア タワー&スイート

人気のエリア池袋に建つ高級タワーマンションです。
6駅10沿線利用可能で、都心の主要スポットへダイレクト&スピーディーにアクセスできます。

西武池袋線 『池袋駅』 徒歩4分
JR山手線 『池袋駅』 徒歩6分
JR山手線 『目白駅』 徒歩6分
東京メトロ副都心線 『雑司が谷駅』 徒歩9分
駅周辺には西武 池袋店やルミネ池袋店などの大型商業

施設をはじめ、スーパーザ・ガーデン 自由が丘池袋などの日常生活に不便を感じさせない整った生活環境で、コンビニも近くに揃っており買い物至便。
人気の都市池袋の「顔」となるべきシンボル性を追求しています。
建物の四隅に柱を配さずコーナーサッシュを採用することで、
視覚的なボリューム感を軽減します。建物コーナー部分の色調を
明るくすることで空に融け込んでいくデザインとしています。
建物全体では、ブルーグレーのカラーを基調とすることで、
青空と親和性の高いタワーとし、周辺の街並への圧迫感を和らげています。
全410邸ありそれぞれのライフプランに合わせてお住まい頂けます。
地上31階建の超高層免震タワーレジデンスでは、
ブルーグレーのカラーを基調とする塗装のスタイリッシュな外観デザインや、モダンでアヴァンギャルドなエントランスデザインを採用。
メインエントランス前に広がるデザインされたプライベートガーデン、都会的で洗練されたエントランスホール、
車寄せのあるサブエントランスなど、邸宅にふさわしい開放感とプライバシー性の両立も追求しています。

池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ。池袋駅を中心に巨大な百貨店や専門店、飲食店などが局在する。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)。池袋駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街がある。1日に約100万人の集客人員がある。

西口方面には東武百貨店、ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場、池袋西口公園等、東口方面には西武百貨店、池袋パルコ、サンシャインシティ、豊島区役所等がある。

池袋駅が8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであるほか、池袋には周縁部を含め明治通り、グリーン大通り、春日通り、要町通り、劇場通り、川越街道などの道路が集まる。

池袋駅から少し離れると、立教大学(西池袋)、帝京平成大学(東池袋)、重要文化財に指定されているフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園などの緑や文化財も多く、池袋演芸場などの寄席や小劇場もある。

駅や街の至る所にある「いけふくろう」像は、「渋谷のハチ公に対して、池袋にも待ち合わせのメッカを」ということで、"いけぶくろ"と"フクロウ"を掛け合わせて考え出されたものである。特に、東口のものはJR発足時に設置されたものである。

現在の池袋駅西口のホテルメトロポリタン一帯(西池袋1丁目)に存在していた袋型の池が袋池(丸池)と呼ばれており、それが地名の直接の由来となったとされている。つまり「袋」は、谷(谷戸)などが袋状にえぐれた地形や(都内では沼袋、横浜市中区の池袋など)、河川が袋のように曲流するところ(横浜市の鶴見川沿いなどの、いくつかの「袋」がつく小字など)に多い。なお、丸池は縮小されたものの、今のホテルメトロポリタン北側に空池(からいけ)の状態で残っていたが、現在は完全に埋め立てられ、地名由来とされる池を偲んで、元の場所より少し北側の隣接地に元池袋史跡公園が開設された。 なお若い人の間で、「池袋」を俗に「ぶくろ」と呼ぶことがある
posted by パッション at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

ブランズ南麻布

ブランズ南麻布

人気のエリア港区南麻布に建つ高級分譲マンション「ブランズ南麻布」です!! 【物件特徴】
東急不動産プロデュースの「ブランズ」シリーズのブランドマンションです。外観は白と黒を基調としたモノトーンカラーで構成されており、落ち着きのある雰囲気を演出します。白をメインとしてで整えている色調の内装がスタイリッシュな印象を与えます。

[オススメポイント]
食洗機・床暖房・オートバス・ミストサウナなど分譲マンションならではの最高品質な設備を揃えております。
快適な生活をサポートして住まう人に安らぎを与えてくれます。

(設備):オートロック・防犯カメラといった基本的な防犯設備に加え、24時間セキュリティシステムを備え、強固な防犯体制で居住者の安全を守ります。

港区西部に位置する。北で西麻布、北東で元麻布・麻布十番、東で三田、南で白金、南西で渋谷区恵比寿、西で渋谷区広尾と隣接する。 坂が多く見られ、仙台坂、木下坂、北条坂(鉄砲坂)、青木坂、新富士見坂、南部坂などが残る。

江 戸時代は街外れで麻布村の主要耕作地だったほか、寺社地も多く、また大名、小名の下屋敷が置かれていた。今に残る仙台坂、南部坂、北条坂、青木坂は、各藩 の屋敷に由来する。江戸中期には、将軍家の別荘である白銀(しろかね)御殿(麻布御殿・富士見御殿とも呼ばれる)が存在した。明治から大正時代にかけ開発 が行われ、後に各国の大使館が設置されるに伴い徐々に今日の国際色豊かな都心の住宅街へと変貌を遂げていった。

1962年(昭和37年) の 「住居表示に関する法律」の施行を受け1966年(昭和41年)、麻布東町、麻布竹谷町(たけやちょう)、麻布新堀町(しんぼりちょう)、麻布富士見町 (ふじみちょう)、麻布盛岡町(もりおかちょう)、麻布田島町、麻布広尾町(ひろおちょう)の各全域に、麻布本村町(ほんむらちょう)、麻布新広尾町(し んひろおちょう)の一部を合わせて再編し、南麻布となった。
posted by パッション at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャピタルゲートプレイス ザ・タワー

キャピタルゲートプレイス ザ・タワー

人気の月島に建つ高級タワーマンション!!
月島駅直結の大型タワーマンション『キャピタルゲートプレイス ザ・タワー』です。
立地・グレード・設備。全てにおいて最高峰。
住まう人に満足のいく快適な生活をサポートいたします。

月 島は、叙情豊かな隅田川と、そびえ立つ高級タワーマンション、その下の商店街や路地が織り成す独特な雰囲気が味わい深いことから、ディンクスやファミリー 層を中心に人気のエリアです。病院や学校、スポーツプラザ、スーパーマーケットが身近なところに揃っているのもこの街が選ばれる理由。また、ウォーターフ ロントの夜景を楽しむことができる石川島公園や月島第一公園といった、緑あふれる遊び場も優れた住み心地につながっています。

月島は東京メ トロ有楽町線と都営地下鉄大江戸線の2路線が利用でき、有楽町線ではオフィス街の有楽町や永田町、池袋などへ、大江戸線では汐留や六本木、新宿にダイレク トアクセス。また、東京駅八重洲口、新橋駅などへはバスを利用することができるなど、アクセスの良好さも住みやすさにつながっています

暮ら す街に名物があることは、そこに暮らす人が自慢できること。月島には、言わずと知れた名物「もんじゃ焼き」があり、もんじゃ焼き店が軒を連ねる、その名も 「もんじゃストリート」があります。もんじゃ店以外にも花屋や書店、酒屋、食品店、パン屋、用品店などが並び、買い物はもちろん、歩くだけでも飽きのこな い通りです

posted by パッション at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二子玉川ライズタワー&レジデンス

二子玉川ライズタワー&レジデンス

二子玉川、天空の誘惑。
都心とは違う二子玉川の魅力。その大切な要素が、きらめく光と開放感です。
その光の恵みを感じるため、このタワー&レジデンスは生まれました。

大成建設施工の28階建てタワーレジデンス。
この近辺では【二子玉川ライズタワー&レジデンス】以上の物件はございません。
キッズルーム・フィットネスルーム・シアタールームなどの共用設備も揃っており、徒歩圏内には高島屋もございますので快適な生活が出来るでしょう。
お部屋は採光が取りやすいよう大きな窓が各お部屋にございます。

東急大井町線・田園都市線二つの沿線が走っており利便性は抜群にいいです。
二子玉川駅からは直接建物に移動が出来る歩行者専用アプローチ【リボンストリート】がございますので安心してご利用できます。

水と緑と光という自然を味わえる環境と、お食事、お買物、交通とが揃う【二子玉川】で話題の分譲マンションです。



渋谷から東急田園都市線で11分、東急大井町線も通る(2009年に溝の口まで延伸)二子玉川はニコタマの愛称で知られる街。駅の改札から西口に出ると、目の前に国道246号が走り、左を見れば駅から見えるほどの近さに多摩川を渡る橋が見えます。右に行けばすぐ環八で、東名高速や第三京浜の東京インターもすぐ近く。都心へも、郊外へも、電車でも、車でも便利なのが、この街です。

交通量の多い西口は休日ともなると渋滞は必至、駅のすぐ前が幹線道路で、しかも、大型ショッピングセンターがあるという立地のため、駅周辺には駐車場、駐輪場が少なく、特に土日祝日はショッピングセンターの駐車場待ちで行列ができることも。その影響で、駅周辺の道路も含め、渋滞は常態に。再開発に伴い、道路整備が行われ、駐車場も増えましたが、それ以上に来街者が増えたことから、なかなか緩和には向かっていないようです。街の愛称がニコタマなら、この街のシンボル的存在は長らくタマタカ(玉川高島屋ショッピングセンター)でした。駅西口、国道246沿いにガラス張りの瀟洒な姿を見せている、郊外型ショッピングセンターの草分け的存在といわれる、玉川高島屋ショッピングセンターです。
posted by パッション at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パークホームズ二子玉川ヒルトップ

パークホームズ二子玉川ヒルトップ

人気の二子玉川に建つ高級賃貸です。二子玉川駅より徒歩10分圏内になります。住環境よく渋谷へも電車1本でいける利便性の優れた立地にあります。
黒を基調とした外観からは重厚感溢れる演出を醸し出します。
住まう人、訪れる人に快適な生活をサポートいたします。

二子玉川(ふたこたまがわ)は、東京都世田谷区の地区名・通称地名。東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅周辺を中心とした地域の通称である。

世 田谷区の南西に位置し、北に緩やかな丘陵、南に多摩川を抱える区域で比較的緑が多く自然環境が残されている。そこに住宅地を中心とした街が形成されている が、二子玉川駅近辺は玉川高島屋S・Cを初めとした商業施設が建ち並んでいる。さらに近年では駅の東側を中心に再開発が進められ、2011年には大型商業 施設である二子玉川ライズショッピングセンターが開業するなど、賑わいを見せている。現在も再開発は進行中である。今後、映画館などができる予定である。

二 子玉川の街は元々、江戸時代にこの地に存在した渡し船(「二子の渡し」)により地域一体が栄えた事に始まり、後に世田谷随一の歓楽街、東京有数の行楽地へ と変貌していったという歴史を持つ。現在では下北沢、三軒茶屋と並び、世田谷区の「広域生活拠点」に位置づけられており、比較的豊かな自然環境をベースに 住宅街及び商業地帯を発展させた区域として成長している。

行政上「二子玉川」という町名は存在しないため「二子玉川」の範囲は明確に区画できないが、一般的には行政地名としての東京都世田谷区玉川・瀬田・上野毛・野毛の一部(国分寺崖線下〜多摩川沿線付近)の一部を指す。

「二 子玉川」の名は、かつて多摩川を挟んで川崎市側に存在した「二子村」と世田谷区側の「玉川村」に由来すると言われている。また、同地付近にあった「二子の 渡し」にも深い関連がある。 なお、現在も多摩川の対岸にあたる神奈川県川崎市高津区には「二子」(ふたご)という町名が存在するが、一般的に「二子玉 川」と呼ばれる区域の対象には含まれない。町名は当時同地にあった二子塚古墳に因んで大井町線(現:東急大井町線)開業時に目黒蒲田電鉄が名付けた
posted by パッション at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パークキューブ愛宕山タワー

パークキューブ愛宕山タワー

2007年2月完成!!
西新橋エリアに位置する高級マンションです。
圧倒的存在感が訪れる人、住まう人を魅了します。
[おすすめポイント]
東京タワーを望むことが出来るタワー型マンションです。
日比谷線 神谷町駅 徒歩8分/都営三田線 御成門駅 徒歩6分/銀座線 虎ノ門駅 徒歩10分

都心で比較的、緑の多い愛宕山に佇む、東京タワーから近い地上30階建ての賃貸タワーマンションです。

霞ヶ関、虎ノ門、新橋などのビジネスエリアが徒歩圏内にございます。
さらに東京タワー・芝公園も徒歩圏内で可愛いペットのお散歩コースにもなります。
六本木へも出やすくビジネスにもプライベートにも適した物件です。

分譲マンションにも劣らない、ホテルライクな内廊下にコンシェルジュサービスもご用意しております。

お部屋のタイプは20uから30u、シングル向けのスタジオ(1R)タイプのお部屋、15階以上は50uから60uのディンクス・ファミリー向けタイプのお部屋をご用意しております。
また、26階から28階のお部屋はプレミアム仕様、29階・30階はスペシャル住戸となっており、中々空きの出ない珍しいお部屋です。

お部屋によってはペット飼育可能の住居もございます。

[デメリット]
【パークキューブ愛宕山タワー】は外国人の方も多く、大抵の人は、マナーよくしっかりしている方が多いですが、たまに犬が、泣いていたり、ガタガタうるさくする人もいます。

愛宕山は自然形成によって成立したものであると地質学的に立証されているが、周辺の低地との兼ね合いから形成のメカニズムははっきりしていない。

江戸時代から愛宕山は信仰と、山頂からの江戸市街の景観の素晴らしさで有名な場所であった。『鉄道唱歌』の第1番にも「愛宕の山」と歌われている。

山上にある愛宕神社は、もとは1603年にこれから建設される江戸の防火のために徳川家康の命で祀られた神社であったが、「天下取りの神」、「勝利の神」としても知られ、各藩の者たちは地元へ祭神の分霊を持ち帰り各地で愛宕神社を祀った。桜田門外の変で井伊直弼を襲った水戸藩の浪士達もここで成功を祈願してから江戸城へ向かったとされる。

また、NHKの前身の一つである社団法人東京放送局(JOAK)は、この愛宕山に放送局を置き、1925年7月の本放送から1938年のNHK東京放送会館への移行まで、この愛宕山から発信された。

太平洋戦争敗戦直後の1945年8月17日、降伏に反対する「尊攘同志会」の会員らが山に篭城、全国に決起を呼びかけたが失敗に終わった(愛宕山事件)。

現在は周囲に高層ビルが林立したため、かつてのような見晴らしはなくなったが、大木などによる緑の豊かさは変わらない。歴史ある曹洞宗青松寺・愛宕神社・NHK放送博物館と、それらを取り囲む超高層ビル群(例えば青松寺を挟んで建つ愛宕グリーンヒルズツインタワーや、虎ノ門・神谷町・霞が関や汐留などのビル群)が同時に存在する、現在の東京を象徴する風景を見せている。
posted by パッション at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。