2015年06月11日

ブランズ南麻布

ブランズ南麻布

人気のエリア港区南麻布に建つ高級分譲マンション「ブランズ南麻布」です!! 【物件特徴】
東急不動産プロデュースの「ブランズ」シリーズのブランドマンションです。外観は白と黒を基調としたモノトーンカラーで構成されており、落ち着きのある雰囲気を演出します。白をメインとしてで整えている色調の内装がスタイリッシュな印象を与えます。

[オススメポイント]
食洗機・床暖房・オートバス・ミストサウナなど分譲マンションならではの最高品質な設備を揃えております。
快適な生活をサポートして住まう人に安らぎを与えてくれます。

(設備):オートロック・防犯カメラといった基本的な防犯設備に加え、24時間セキュリティシステムを備え、強固な防犯体制で居住者の安全を守ります。

港区西部に位置する。北で西麻布、北東で元麻布・麻布十番、東で三田、南で白金、南西で渋谷区恵比寿、西で渋谷区広尾と隣接する。 坂が多く見られ、仙台坂、木下坂、北条坂(鉄砲坂)、青木坂、新富士見坂、南部坂などが残る。

江 戸時代は街外れで麻布村の主要耕作地だったほか、寺社地も多く、また大名、小名の下屋敷が置かれていた。今に残る仙台坂、南部坂、北条坂、青木坂は、各藩 の屋敷に由来する。江戸中期には、将軍家の別荘である白銀(しろかね)御殿(麻布御殿・富士見御殿とも呼ばれる)が存在した。明治から大正時代にかけ開発 が行われ、後に各国の大使館が設置されるに伴い徐々に今日の国際色豊かな都心の住宅街へと変貌を遂げていった。

1962年(昭和37年) の 「住居表示に関する法律」の施行を受け1966年(昭和41年)、麻布東町、麻布竹谷町(たけやちょう)、麻布新堀町(しんぼりちょう)、麻布富士見町 (ふじみちょう)、麻布盛岡町(もりおかちょう)、麻布田島町、麻布広尾町(ひろおちょう)の各全域に、麻布本村町(ほんむらちょう)、麻布新広尾町(し んひろおちょう)の一部を合わせて再編し、南麻布となった。
posted by パッション at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャピタルゲートプレイス ザ・タワー

キャピタルゲートプレイス ザ・タワー

人気の月島に建つ高級タワーマンション!!
月島駅直結の大型タワーマンション『キャピタルゲートプレイス ザ・タワー』です。
立地・グレード・設備。全てにおいて最高峰。
住まう人に満足のいく快適な生活をサポートいたします。

月 島は、叙情豊かな隅田川と、そびえ立つ高級タワーマンション、その下の商店街や路地が織り成す独特な雰囲気が味わい深いことから、ディンクスやファミリー 層を中心に人気のエリアです。病院や学校、スポーツプラザ、スーパーマーケットが身近なところに揃っているのもこの街が選ばれる理由。また、ウォーターフ ロントの夜景を楽しむことができる石川島公園や月島第一公園といった、緑あふれる遊び場も優れた住み心地につながっています。

月島は東京メ トロ有楽町線と都営地下鉄大江戸線の2路線が利用でき、有楽町線ではオフィス街の有楽町や永田町、池袋などへ、大江戸線では汐留や六本木、新宿にダイレク トアクセス。また、東京駅八重洲口、新橋駅などへはバスを利用することができるなど、アクセスの良好さも住みやすさにつながっています

暮ら す街に名物があることは、そこに暮らす人が自慢できること。月島には、言わずと知れた名物「もんじゃ焼き」があり、もんじゃ焼き店が軒を連ねる、その名も 「もんじゃストリート」があります。もんじゃ店以外にも花屋や書店、酒屋、食品店、パン屋、用品店などが並び、買い物はもちろん、歩くだけでも飽きのこな い通りです

posted by パッション at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二子玉川ライズタワー&レジデンス

二子玉川ライズタワー&レジデンス

二子玉川、天空の誘惑。
都心とは違う二子玉川の魅力。その大切な要素が、きらめく光と開放感です。
その光の恵みを感じるため、このタワー&レジデンスは生まれました。

大成建設施工の28階建てタワーレジデンス。
この近辺では【二子玉川ライズタワー&レジデンス】以上の物件はございません。
キッズルーム・フィットネスルーム・シアタールームなどの共用設備も揃っており、徒歩圏内には高島屋もございますので快適な生活が出来るでしょう。
お部屋は採光が取りやすいよう大きな窓が各お部屋にございます。

東急大井町線・田園都市線二つの沿線が走っており利便性は抜群にいいです。
二子玉川駅からは直接建物に移動が出来る歩行者専用アプローチ【リボンストリート】がございますので安心してご利用できます。

水と緑と光という自然を味わえる環境と、お食事、お買物、交通とが揃う【二子玉川】で話題の分譲マンションです。



渋谷から東急田園都市線で11分、東急大井町線も通る(2009年に溝の口まで延伸)二子玉川はニコタマの愛称で知られる街。駅の改札から西口に出ると、目の前に国道246号が走り、左を見れば駅から見えるほどの近さに多摩川を渡る橋が見えます。右に行けばすぐ環八で、東名高速や第三京浜の東京インターもすぐ近く。都心へも、郊外へも、電車でも、車でも便利なのが、この街です。

交通量の多い西口は休日ともなると渋滞は必至、駅のすぐ前が幹線道路で、しかも、大型ショッピングセンターがあるという立地のため、駅周辺には駐車場、駐輪場が少なく、特に土日祝日はショッピングセンターの駐車場待ちで行列ができることも。その影響で、駅周辺の道路も含め、渋滞は常態に。再開発に伴い、道路整備が行われ、駐車場も増えましたが、それ以上に来街者が増えたことから、なかなか緩和には向かっていないようです。街の愛称がニコタマなら、この街のシンボル的存在は長らくタマタカ(玉川高島屋ショッピングセンター)でした。駅西口、国道246沿いにガラス張りの瀟洒な姿を見せている、郊外型ショッピングセンターの草分け的存在といわれる、玉川高島屋ショッピングセンターです。
posted by パッション at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パークホームズ二子玉川ヒルトップ

パークホームズ二子玉川ヒルトップ

人気の二子玉川に建つ高級賃貸です。二子玉川駅より徒歩10分圏内になります。住環境よく渋谷へも電車1本でいける利便性の優れた立地にあります。
黒を基調とした外観からは重厚感溢れる演出を醸し出します。
住まう人、訪れる人に快適な生活をサポートいたします。

二子玉川(ふたこたまがわ)は、東京都世田谷区の地区名・通称地名。東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅周辺を中心とした地域の通称である。

世 田谷区の南西に位置し、北に緩やかな丘陵、南に多摩川を抱える区域で比較的緑が多く自然環境が残されている。そこに住宅地を中心とした街が形成されている が、二子玉川駅近辺は玉川高島屋S・Cを初めとした商業施設が建ち並んでいる。さらに近年では駅の東側を中心に再開発が進められ、2011年には大型商業 施設である二子玉川ライズショッピングセンターが開業するなど、賑わいを見せている。現在も再開発は進行中である。今後、映画館などができる予定である。

二 子玉川の街は元々、江戸時代にこの地に存在した渡し船(「二子の渡し」)により地域一体が栄えた事に始まり、後に世田谷随一の歓楽街、東京有数の行楽地へ と変貌していったという歴史を持つ。現在では下北沢、三軒茶屋と並び、世田谷区の「広域生活拠点」に位置づけられており、比較的豊かな自然環境をベースに 住宅街及び商業地帯を発展させた区域として成長している。

行政上「二子玉川」という町名は存在しないため「二子玉川」の範囲は明確に区画できないが、一般的には行政地名としての東京都世田谷区玉川・瀬田・上野毛・野毛の一部(国分寺崖線下〜多摩川沿線付近)の一部を指す。

「二 子玉川」の名は、かつて多摩川を挟んで川崎市側に存在した「二子村」と世田谷区側の「玉川村」に由来すると言われている。また、同地付近にあった「二子の 渡し」にも深い関連がある。 なお、現在も多摩川の対岸にあたる神奈川県川崎市高津区には「二子」(ふたご)という町名が存在するが、一般的に「二子玉 川」と呼ばれる区域の対象には含まれない。町名は当時同地にあった二子塚古墳に因んで大井町線(現:東急大井町線)開業時に目黒蒲田電鉄が名付けた
posted by パッション at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パークキューブ愛宕山タワー

パークキューブ愛宕山タワー

2007年2月完成!!
西新橋エリアに位置する高級マンションです。
圧倒的存在感が訪れる人、住まう人を魅了します。
[おすすめポイント]
東京タワーを望むことが出来るタワー型マンションです。
日比谷線 神谷町駅 徒歩8分/都営三田線 御成門駅 徒歩6分/銀座線 虎ノ門駅 徒歩10分

都心で比較的、緑の多い愛宕山に佇む、東京タワーから近い地上30階建ての賃貸タワーマンションです。

霞ヶ関、虎ノ門、新橋などのビジネスエリアが徒歩圏内にございます。
さらに東京タワー・芝公園も徒歩圏内で可愛いペットのお散歩コースにもなります。
六本木へも出やすくビジネスにもプライベートにも適した物件です。

分譲マンションにも劣らない、ホテルライクな内廊下にコンシェルジュサービスもご用意しております。

お部屋のタイプは20uから30u、シングル向けのスタジオ(1R)タイプのお部屋、15階以上は50uから60uのディンクス・ファミリー向けタイプのお部屋をご用意しております。
また、26階から28階のお部屋はプレミアム仕様、29階・30階はスペシャル住戸となっており、中々空きの出ない珍しいお部屋です。

お部屋によってはペット飼育可能の住居もございます。

[デメリット]
【パークキューブ愛宕山タワー】は外国人の方も多く、大抵の人は、マナーよくしっかりしている方が多いですが、たまに犬が、泣いていたり、ガタガタうるさくする人もいます。

愛宕山は自然形成によって成立したものであると地質学的に立証されているが、周辺の低地との兼ね合いから形成のメカニズムははっきりしていない。

江戸時代から愛宕山は信仰と、山頂からの江戸市街の景観の素晴らしさで有名な場所であった。『鉄道唱歌』の第1番にも「愛宕の山」と歌われている。

山上にある愛宕神社は、もとは1603年にこれから建設される江戸の防火のために徳川家康の命で祀られた神社であったが、「天下取りの神」、「勝利の神」としても知られ、各藩の者たちは地元へ祭神の分霊を持ち帰り各地で愛宕神社を祀った。桜田門外の変で井伊直弼を襲った水戸藩の浪士達もここで成功を祈願してから江戸城へ向かったとされる。

また、NHKの前身の一つである社団法人東京放送局(JOAK)は、この愛宕山に放送局を置き、1925年7月の本放送から1938年のNHK東京放送会館への移行まで、この愛宕山から発信された。

太平洋戦争敗戦直後の1945年8月17日、降伏に反対する「尊攘同志会」の会員らが山に篭城、全国に決起を呼びかけたが失敗に終わった(愛宕山事件)。

現在は周囲に高層ビルが林立したため、かつてのような見晴らしはなくなったが、大木などによる緑の豊かさは変わらない。歴史ある曹洞宗青松寺・愛宕神社・NHK放送博物館と、それらを取り囲む超高層ビル群(例えば青松寺を挟んで建つ愛宕グリーンヒルズツインタワーや、虎ノ門・神谷町・霞が関や汐留などのビル群)が同時に存在する、現在の東京を象徴する風景を見せている。
posted by パッション at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラ・トゥール汐留

ラ・トゥール汐留

ラ・トゥール汐留 天空の世界へ。

地上190M超高層タワーレジデンス。
2階から44階まではUR住宅機構『アクティ汐留』45階から56階までがラ・トゥール汐留となります。
1階部分にはマルエツプチが入っており住人の方々の生活をサポート致しております。
2階部分には医療施設と託児施設も入っており利便性が非常に高いのが特徴です。

全部屋45階以上という超高層フロアの眼前には東京湾の青。
眼下に広がるのは浜離宮の緑。
反対方向には遮る高い建物が何も無いので東京タワーが根元からしっかりと全貌を眺めることが出来ます。

汐 留は江戸時代以前、海辺の湿地帯であったが、江戸幕府の開幕後徳川家康が発令し、三代将軍家光の代に至るまで続いた「天下普請」(諸大名の財力を用いた、 奉仕による城下町建設事業)により汐留の埋立地が完成した。その結果、汐留は周辺の新橋・銀座・築地などと並び、大名屋敷を有する武家屋敷街となった。

そ の後、明治新政府によって屋敷は接収され、1872年(明治5年)日本初の鉄道が横浜との間に開設された際、起点となる新橋駅がこの汐留に建設され、東京 の玄関として華やかで活気のある街となった。しかし、1914年(大正3年)に東京駅が完成し、東海道本線の起点が新橋駅から東京駅に変更されたため、新 橋駅は貨物専用駅に変更された。それからの汐留は、小運送店の集まる貨物ターミナルとして栄えることになる。

1980年頃から貨物列車輸送 に代わってトラック輸送が増えたため、1986年(昭和61年)に汐留貨物駅が廃止された。その後しばらくの間、31ヘクタールにもおよぶ複数の地権者か らなる広大な空き地が手付かずのまま残っていたが、1995年(平成7年)になってようやく、東京都の都市基盤整備と民間のプロジェクトにより再開発がは じまった。

2004年(平成16年)には、13棟の超高層オフィスビルが建ち並び、4つのホテルや数多くのレストラン、ショップなどが地下 通路とペデストリアンデッキでつながる6万人の複合都市として生まれ変わった。東側には浜離宮恩賜庭園をはさんで東京湾、西側は新橋駅から虎ノ門、神谷 町、霞ヶ関の官庁街があり、銀座、築地、臨海副都心にも近く恰好のビジネスロケーションといえる。

現在は六本木ヒルズやお台場と並び、東京の新しい観光名所の一つとなっている。

2011年(平成23年)12月22日に、国から国際戦略総合特区の一つである東京都提案のアジアヘッドクオーター特区区域に指定された。
posted by パッション at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロスペクト初台

プロスペクト初台

初 台近辺は首都高速4号新宿線と国道20号(甲州街道)の地下に位置し、ホームは上り線と下り線で二層構造となっており、地下2階が上り線、地下3階が下り 線である。階段は新宿寄りと幡ヶ谷寄りの2ヶ所にあり、エスカレーターも設置されている。加えて新宿寄りにはエレベーターも設置されている。幡ヶ谷寄りの 階段を上がると地下1階の中央口改札で、改札内にトイレがある。この中央口改札を西向きに出ると地下自由通路があり、右に行けば甲州街道の北側に出る北 口、左に行けば南側に出る南口である。北口は新国立劇場に直結し、地下式の駐輪場ともつながっている。また、新宿寄りの改札は東口で、東京オペラシティに 直結している。東口はオペラシティの営業時間に合わせて7時30分から23時30分まで利用できる。なお、東口改札自体とオペラシティ外に通じる出口は初 電から24時まで利用できる。なお、中央口改札は地下駅化と同時に設置、東口改札は東京オペラシティからの要望によって設置されたものである。なお、東口 改札が設置される前は、現在の中央口改札が開業時からの改札口となっていた。

当駅は、1978年10月31日に京王新線が開通した際に同線 に並行する京王線から移転したもので、移転後も同線の新宿駅 - 笹塚駅間のトンネル内部に旧ホーム跡は残されており、保線資材置き場、資材搬入口及びトンネルの緊急避難路や駅のメンテナンス用の通路として使用されてい る[1]。階段で中央口改札に抜けられるが、このホームは各駅停車も含めてすべての本線電車が通過する。なお、1964年6月7日に地下化される前は地上 の相対式ホームで、地下化後は最大で18m級6両編成の電車が停車できる島式ホームとなっていた。

駅のホーム脇に通風口がある。これは、駅開設当時に電車が接近する時の風圧がホームで待っている乗客から不評だったため、風を逃がすために後から設置されたものである。

初代の駅名である「改正橋」は、線路付近の玉川上水に架かっていた橋に因んでいる。

現在の駅名である「初台」は、改名当時の駅南側の地域の地名「渋谷区代々木初台町」から来ている。

地 名の由来は、代々木村に太田道灌が作った8ヶ所の砦のうち、一の砦(狼煙台)のあった場所から、初台と呼ばれるようになったといわれる。この地に江戸幕府 二代将軍徳川秀忠の乳母であった土井昌勝の妻が、徳川家康関東転封直後の1591年(天正19年)にこの地に200石を拝領したことから、「初台局(はつ だいのつぼね)」と名乗るようになった。初台局の娘で、三代将軍徳川家光の乳母の梅園局が母の菩提寺として「正春寺」を現在の渋谷区代々木三丁目、当時の 代々木村山谷(代々木村初台ではない)に創建した。
posted by パッション at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。