2015年06月11日

パークキューブ愛宕山タワー

パークキューブ愛宕山タワー

2007年2月完成!!
西新橋エリアに位置する高級マンションです。
圧倒的存在感が訪れる人、住まう人を魅了します。
[おすすめポイント]
東京タワーを望むことが出来るタワー型マンションです。
日比谷線 神谷町駅 徒歩8分/都営三田線 御成門駅 徒歩6分/銀座線 虎ノ門駅 徒歩10分

都心で比較的、緑の多い愛宕山に佇む、東京タワーから近い地上30階建ての賃貸タワーマンションです。

霞ヶ関、虎ノ門、新橋などのビジネスエリアが徒歩圏内にございます。
さらに東京タワー・芝公園も徒歩圏内で可愛いペットのお散歩コースにもなります。
六本木へも出やすくビジネスにもプライベートにも適した物件です。

分譲マンションにも劣らない、ホテルライクな内廊下にコンシェルジュサービスもご用意しております。

お部屋のタイプは20uから30u、シングル向けのスタジオ(1R)タイプのお部屋、15階以上は50uから60uのディンクス・ファミリー向けタイプのお部屋をご用意しております。
また、26階から28階のお部屋はプレミアム仕様、29階・30階はスペシャル住戸となっており、中々空きの出ない珍しいお部屋です。

お部屋によってはペット飼育可能の住居もございます。

[デメリット]
【パークキューブ愛宕山タワー】は外国人の方も多く、大抵の人は、マナーよくしっかりしている方が多いですが、たまに犬が、泣いていたり、ガタガタうるさくする人もいます。

愛宕山は自然形成によって成立したものであると地質学的に立証されているが、周辺の低地との兼ね合いから形成のメカニズムははっきりしていない。

江戸時代から愛宕山は信仰と、山頂からの江戸市街の景観の素晴らしさで有名な場所であった。『鉄道唱歌』の第1番にも「愛宕の山」と歌われている。

山上にある愛宕神社は、もとは1603年にこれから建設される江戸の防火のために徳川家康の命で祀られた神社であったが、「天下取りの神」、「勝利の神」としても知られ、各藩の者たちは地元へ祭神の分霊を持ち帰り各地で愛宕神社を祀った。桜田門外の変で井伊直弼を襲った水戸藩の浪士達もここで成功を祈願してから江戸城へ向かったとされる。

また、NHKの前身の一つである社団法人東京放送局(JOAK)は、この愛宕山に放送局を置き、1925年7月の本放送から1938年のNHK東京放送会館への移行まで、この愛宕山から発信された。

太平洋戦争敗戦直後の1945年8月17日、降伏に反対する「尊攘同志会」の会員らが山に篭城、全国に決起を呼びかけたが失敗に終わった(愛宕山事件)。

現在は周囲に高層ビルが林立したため、かつてのような見晴らしはなくなったが、大木などによる緑の豊かさは変わらない。歴史ある曹洞宗青松寺・愛宕神社・NHK放送博物館と、それらを取り囲む超高層ビル群(例えば青松寺を挟んで建つ愛宕グリーンヒルズツインタワーや、虎ノ門・神谷町・霞が関や汐留などのビル群)が同時に存在する、現在の東京を象徴する風景を見せている。
posted by パッション at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 物件紹介in港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。